2021全国高校女子サッカー決勝

藤枝順心の2連覇。

 

作陽とは少し力の差がありすぎたように見えた。

 

前半は順心のシュートがクロスバーやポストで3本阻まれ0-0。

後半は立ち上がりの時間帯で順心が先制すると、

その試合の流れのまま、終始試合を支配しているように見えた。

立ち上がりの好機に先制できていなければ

作陽の流れに持ち込めたのでは。

そう考えると、後半の立ち上がり2分で勝負ありだった。